本文へ移動

開智通信ブログ

ブログを通して、開智学院の様子をお伝えします。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

テキスト作り直し

2020-07-13
やはりというか、予想はしていましたが入試の範囲が狭まったので、去年までの受験のテキストは使えないので編集しなおして今年専用のを作らないといけないですね。
 
入試のイメージは例年の10月の道コンのイメージに近くなるのかな。
 
夏期講習は予定通りまずは1,2年生の範囲を徹底的に復習&演習をかけます。

塾内テストの実施

2020-07-12
手稲東中は来週定期テストがあります。
 
現在手稲東中の生徒さんは猛勉強をしておりますが、他中の生徒さんはどうしてもそこまではいかないです。
 
そこで西野中、宮中の生徒さんにも来週テストを行うことにします。
9月の定期テストの予行にもなりますし、夏期講習にどのくらいやらないといけないかもわかってきますしね。
まずは自分の現状をしっかり把握しよう!

時代の転換期

2020-07-11
2020年も早くも半分が過ぎてしまいましたが、今年は時代の転換点になるかもしれません。
コロナ騒動もそうですが、今までに経験したことのないようなことが起こっており、そして残りの半年間でもまだまだ大きなことが起こりそうな予感もします。
 
おそらく世界はもはやコロナ以前に戻ることはないのかもしれません。しかし、仮にそうであったとしても今までの生活スタイルが変わっていくことはすべてがマイナスなことではないと思います。
 
確かに経済的に困窮してしまった人々も多いと思います。しかしここから新しいビジネスの芽が開けることもあると思いますし、あるいは経済の仕組み自体が今後大きく変化をしていく可能性も大いにあります。
 
今を生きる子供たちにとって、彼らが成長し世に出ていく頃には我々大人が知っている世界や経済とは異なった時代に生きるのではないでしょうか。
今までの常識が通用しなくなる時代が来るのかもしれません。
そのような時代にたくましく生きていけるように、彼らを育てていかなければいけないのではないでしょうか。
変化に耐えうる人材とは柔軟な思考の持ち主でもあると思います。
一つの物事を多方面から見てみることも柔軟な思考を身に着ける方法でもあると思います。
また、物事に対して「なぜ」と疑問を持ち、自ら答えを探していくことも非常に大事だと思います。
 
そういう疑問に真摯に受け応えていける自分でありたいと思っています。
 
また、現在将来の職業などの夢が持てないという子供たちも多くいます。
もしかしたらそれは夢がないのではなくて、現在の世の中になりたいと思う職業が存在していないだけなのかもしれないのです。
彼らは既に新しい時代に生きていく準備ができており、今後の世界にいち早く対応できる素晴らしい存在ではないかと思います。
 
その芽を伸ばしてあげられるように今後も彼らの手助けをしていこうと思います。

金本位制

2020-07-10
金本位制とは貨幣の価値を金と同じにすることを言います。
江戸時代には金そのものを貨幣、つまり小判として使用していました。その後は金と交換できる紙幣(兌換紙幣)をつくり、経済を回していました。
 
しかし第1次世界大戦と世界恐慌により各国間での貨幣の輸送や交換ができなくなり、この兌換紙幣から、各国ごとに発行する不換紙幣へ移行することとなり、現在に至ります。
 
ただしこれはいくらでも発行することができるために一歩間違えば紙幣の価値がなくなり、ハイパーインフレが起こってしまいます。
 
今日世界的に以前のような金本位制にする動きがあります。
現在の金価格の高騰の背景にはこの動きがあり、今後も金の価値が上がっていくと思われます。
 

受験勉強の始まりに決めること

2020-07-08
昨日は本州の七夕でした。
北海道は来月ですが、七夕に願い事を書くように、受験勉強も始める前に願い事を書きましょう。
 
すべての条件を外して、来年はどこに通っていたいかを考えてみよう。
いまの成績とか、私立や公立かとかを考えずにどこに行きたいかを考えて。
 
残りの時間を本当に一生懸命やればまだまだ希望するところへ行ける。
まずは目標を決めてそれをみんなに宣言しよう。
 
さぁ、受験勉強の開始だ!
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 011-312-0776
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
2020年
09月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2020年
10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • お盆やすみ
  • 土日の通常授業
  • 臨時休業
0
3
1
0
7
4
TOPへ戻る