本文へ移動

開智通信ブログ

ブログを通して、開智学院の様子をお伝えします。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

学校別道コン受験率を調べてみました。

2019-08-29
先日に続いて学校別の道コン受験率を算出してみました。
1年生の生徒数のデータがまだなかったので、2,3年生の分を計算しています。
 
資料の右側に受験率として掲載。
 
 
道コンを採用していない塾もありますので受験への意識レベルの学校差だとは言い切れないのですが、学校間で随分と差があるようにも見えます。

道コンからみる学校間格差

2019-08-27
近隣中学校のレベルがどうなのか、道コンの結果から探ってみました。
 
 
合計的には1年生、2年生とも手稲東は石狩地区の平均と変わらないのですが、中3になると石狩地区の平均で13点も下回り、宮の丘との差は19点近く差がついています。
手稲東は1,2年はそこまで平均と離れておらず、3年生だけが差が大きいのがわかります。

学生時代の勉強は役に立つのか?

2019-07-22
学生時代の勉強は役に立つのか?
 
一番多い質問かもしれないこの問い。
各教科ごとに役に立つという説明もできなくはないが、一番役に立つであろうことをここでは述べてみたい。
 
結論から言うと、ものすごく役に立ちます。
勉強というより、その方法論が特に。
 
学校の先生とか、塾の先生とかは何をどれだけやれば何点取れるかは予想がつきます。
そこで生徒のみんなにアドバイスをするわけですが、その中の何割かの生徒は成績が上がって、他は変わらないか下がるかになります。全員が上がっているわけじゃない。その理由は何かといえば、「ちゃんと言われたとおりに、言われた分をこなしたか」だといえます。
成績が上がらなかった場合は、
■言われたとおりにやっていない
■言われた分量をこなしていない
のどちらかです。たぶん、大体の人は勝手に自分で分量を変更しています。
 
でも、これは仕方ないことかもしれないです。
大人でもできないことが多いですし汗
 
例えば、お医者さんに出された薬を自分で勝手に減らしたりとか(笑)
大人の人なら心当たりがあるのではないでしょうか赤いはてなマーク目がハートになっている顔
でもそれをしたら、治りが遅くなることは必至です。。
 
話を元に戻します。
大人になってからも成功するかどうかは、成功したといえる人から成功するための方法を得ていながらそれを言われたように言われた分量の努力をするかにかかっていると思います。
なかなかできないんですよね、これが。
でも、本当に言われたとおりに言われた分をきちんとこなしたら、成功できるんです。
それを信じてやれるかどうか。
 
学生にとっても同じで、先生を信じてやり切れるかどうか。
そこが分岐点だと思います。
 
勉強が役に立つかという話ですが、信じて努力して成果を上げれたら、大人になってからも同じようにその時の自分の先生(メンターとも言います)から与えられた課題をやり切れると思います。
学生時代の成功体験なくして大人になってから努力するのはものすごいエネルギーがいります。
いまそれを体験しておくことが、後になって必ずみんなの力となります。
信じて努力して成功体験を積むこと。これを学んで下さい。
 
 

家づくりと塾探しについて考えてみた

2019-07-17
家づくりと塾探しの時、どこにお願いしようかと考えるのは少し似てるかなと思います。
家づくりの時はまず大きく分けて大手のハウスメーカーか、地域の工務店にお願いしようかな?と考えますよね。
 
【主な特徴】
大手ハウスメーカー
パンフレットとかしっかりしていて、事務的処理も速く、何より名前が知れていてなんとなく安心できる
 
工務店
知名度はほとんどないけれど、融通が利いて、細かい点まで要望にもかなり応えてくれ、こだわりを持っている
 
 
塾もそんな感じがします。
 
【主な特徴】
大手の塾
知名度があり、多くの生徒が通っていて任せておけば安心かなと思えるところがあります。(ただ、ちょっと費用が高いです)
 
個人塾
個人塾は知名度はあるところはあります※うちのようにないところはないですが(笑)
一人一人の生徒さんの性格・個性に合わせて授業や対応ができる点や、塾長のこだわりがある塾がほとんどです。
 
家づくりを考えていたら、そんなことを思いました。

子どもたちからの質問コーナー 第2回

2019-07-12
なぜ頭の良さが人によって違うのか?
 
基本的に生まれた時の能力には差がないと思っています。
勉強ができるかどうかは遺伝ではないです。
英語が難しいと言っている子たちがいますが、日本語を覚えるのにみなさん苦労しなかったでしょう?
遺伝が原因なら日本語を話せない、書けない子がたくさんいてもおかしくないです。でも現実は健常であればすべての日本人は日本語ができます。
 
ではなぜこうも違ってくるのかということになりますが、大きく分けて2つある気がします。
 
 
一つは食べ物
栄養が足りていないと脳が活発に動かないので、朝ご飯をきちんと食べているかとか、みそ汁を飲んでいるかとかで変わってくると思います。
たまにお菓子ばかりを食べている、または甘いものばかりを食べている子がいますが、成績はあまりよくない気がします。
 
もう一つは性格が影響していると思います。
【成績が良い人の特徴につぃて】
小さい時から好奇心が旺盛
わからないことがあれば大人によく聞いている
本などをよく読む(知的好奇心)
人の話をよく聞いている
一人遊びができる(レゴとかおままごととか→想像力が鍛えられている)
負けず嫌い
素直
やらなければならないことはきちんとやる
 
これらの性格の中で当てはまるものが多い人は勉強もできています。
 
そうじゃないと勉強はできるようにならないのか?というとそうではありません。上記のに当てはまると自然と勉強ができているのであって、努力によっていくらでも改善できます。
でも、その努力って?
おそらくいま中学生であれば、勉強が思うようにできていない場合、何が足りていないかというと、小学校4年生か5年生の勉強です。
これが抜けていると中学校では時間当たりの勉強効率がかなり違います。
もし本気で自分を成長させていこうと思っているのなら、一度4,5年生の勉強を振り返ってみてください。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 011-312-0776
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
2019年
12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年
01月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • お盆やすみ
  • 土日の通常授業
  • 臨時休業
0
1
7
5
3
2
TOPへ戻る