本文へ移動

開智通信ブログ

金本位制

2020-07-10
金本位制とは貨幣の価値を金と同じにすることを言います。
江戸時代には金そのものを貨幣、つまり小判として使用していました。その後は金と交換できる紙幣(兌換紙幣)をつくり、経済を回していました。
 
しかし第1次世界大戦と世界恐慌により各国間での貨幣の輸送や交換ができなくなり、この兌換紙幣から、各国ごとに発行する不換紙幣へ移行することとなり、現在に至ります。
 
ただしこれはいくらでも発行することができるために一歩間違えば紙幣の価値がなくなり、ハイパーインフレが起こってしまいます。
 
今日世界的に以前のような金本位制にする動きがあります。
現在の金価格の高騰の背景にはこの動きがあり、今後も金の価値が上がっていくと思われます。
 
2020年
08月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年
09月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • お盆やすみ
  • 土日の通常授業
  • 臨時休業
0
2
7
8
1
3
TOPへ戻る